2017年12月22日

冬至 at 24℃

今年も冬至に湯圓(たんゆぇん、お汁粉的な)を食べたので、またひとつ、年をとりました。

日本では、カボチャ食べてゆず湯に入る冬至、台湾ではみんなで湯圓を食べる習慣があります。
これで、またひとつ年を重ねたことになるらしい。

20171222150534015.jpg
(学食の一角に、ご自由にどうぞーって置いてありました。生姜湯のおしるこ初めて食べた…)

住んでいる寮で配られたお汁粉セット。同じ小豆でも、甘すぎないのが台湾式かも。

20171222150544876.jpg

昨日まで10℃ちょいの曇天が続き、暖房がないのもあって寒い寒いとぶるぶる震えていた(鳥肌立ちまくりでした)のが、今日の冬至はびっくりするほど晴れて24℃。このままいくと、20℃超えのクリスマスになりそう。台湾の天気の思い切り具合には、いつもながら恐れ入ります(笑)
posted by おり at 16:05 | Comment(0) | #3.大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

お福分け

良いことがあると、みんなにご馳走しがちな台湾の皆さんのお話。

今日いつも通り授業を受けていたら、ある女の子が休み時間にクラスメート全員に台湾風ベビースターを配り始めました。
なんでも、大学院に合格したよー☆とのこと。おめでたい!
一緒に言語のクラス受けてただけなのに、自分に良いことあったから30人くらいのクラスメートみんなにお菓子を配るのは、台湾独特の文化だなあとしみじみ。有難く頂きました。

20171220153007826.jpg

こういった経験は過去にもあって、大学2年か3年のころ、1年生の時に受けてた実験の授業のTAが「結婚しました!」という報告と共に、当時のクラス全員宛に大きなお菓子折りを届けてくれたことがありました。

その時は単純に、よく覚えてたな、というのと、ここまで幅広く贈るのかと、祝いつつも驚いた記憶。

お裾分けの同義語に「お福分け」という言葉があるようで、まさに台湾ではお福分けの文化が根強いなあとまた改めて感じた出来事でした。
posted by おり at 16:30 | Comment(0) | #12. 台湾あるある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

台湾女子が思う日本男子の奇怪な点

奇怪、というのは中国語で「おかしい」という意味なのですが、日本語にもあるんや!という発見をタイトル打った時にしました。というわけで、今日は先日大学の授業で隣に座ってた台湾人の女の子と休み時間におしゃべりする中で得られた新たな見解、それも台湾女子から見た日本男子に違和感を感じる部分について。

そもそもの発端は、日本語のリスニングの勉強をしたいのだけど、なにか良いバラエティー番組ない?と聞かれたこと。なんでも、日本語能力試験のリスニング問題は老若男女問わずいろんな人のシチュエーションがあって、速くて聞き取れん!なのだそうです。そしておじさんの話とか滅茶苦茶聞く気失せるんだよね…ともぼやいていました苦笑 

そこで、私が昔日本で観ていた某アイドルグループの冠番組をトーク多めだしいいんじゃない?と勧めたところ、その子はそのグループをよく知らなかったため早速画像を検索。で、出てきた画像を見た感想が「ねぇ、日本の男性芸能人の髪型変じゃね?」

いやいやいやいや、私こそ、台湾男子の髪型のセンスに多大なる疑問を感じるから!(笑)というのはきっとお互い様なのでしょう。台湾の俳優は基本的に短髪なのだそう。襟足が肩にかかりそうなのはおろか、前髪があることにすら疑問を感じていました。とにかくみんな長すぎるそうです。ねぇ、違和感とか感じないの?と聞かれましたが、別に…普通だと思う。という日本的センスの私。大学生とかだいたいこういう髪型だよーって言ったらドン引きしてました(笑) 

日本の女優さんたちに比べると男性芸能人はあまり台湾女子受けしてないのかも?と薄々感じてはいましたが、線の薄さと髪型が原因なのかもしれませんね。どちらかというと台湾女子は硬派な男らしさに魅力を感じるのかもしれません。
posted by おり at 16:33 | Comment(0) | #3.大学生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする